こんにちわ。



釜石ベースキャンプです!!!




本日の活動人数 32人!

★本日の活動内容★





カリタスジャパン 仙台教区サポートセンター 釜石ベース

●旧橋野小学校

 釜石社協より継続で引き受けている思い出の品の洗浄、写真の持ち主捜し、

 展示物の掲示です多くは鵜住居・両石地区のものです。

カリタスジャパン 仙台教区サポートセンター 釜石ベース
↑仲間が一人増えました。

…タヌキ…か?

●ふぃりあ
 釜石ベースにて被災された方々同士の交流や心のケアを目的に
無料の喫茶スペースと日用品などの物資の提供を行っています。




●ふぃりあ天神

 天神仮設住宅集会室にて被災された方々同士の交流や心のケアを目的に

 無料の喫茶スペースと日用品などの物資の提供を行っています。


●ふぃりあ大松

 大松仮設住宅集会室にて被災された方々同士の交流や心のケアを目的に

 無料の喫茶スペースと日用品などの物資の提供を行っています。




●パレスチナこどもキャンペーン

 大槌町『ルート45』というパチンコ店跡地で写真や思い出の品の洗浄や

 持ち主探しと展示物の掲示を行っています。
カリタスジャパン 仙台教区サポートセンター 釜石ベース
↑会場の「ルート45」。

実は地下が駐車場になっており、余震の際は道路まで避難します。

●ケアチーム

 これまではふぃりあ常駐だったケアスタッフですが

 個別のチームとして仮設住宅の訪問などを行います。

●日本リザルツ

 NPO法人日本リザルツとともに、仮設を回り、アンケート調査を行っています。

●釜石社協

 平田地区にて瓦礫の撤去作業。


カリタスジャパン 仙台教区サポートセンター 釜石ベース
↑ベースの駐車場内で新事務所の設置工事が始まりました。

経過は随時ブログにアップ予定です。









5・6日とお休みを頂いて仙台まで

ウミガメ仲間に会い行って来ました



カリタスジャパン 仙台教区サポートセンター 釜石ベース
↑伊達政宗さん。今日も堂々と仙台の街を見守っていました。




カリタスジャパン 仙台教区サポートセンター 釜石ベース

↑彼の目に津波はどのように見えたのでしょうか?






釜石から仙台まで国道45号を南下すると、必然的に被災地を通過することになります。



釜石、大船渡、陸前高田、気仙沼、南三陸、石巻、塩釜、仙台。



ふつうツーリング中は、カントリーサインを通過して市街地に入ると、

期待で胸がワクワクするものですが、




そこにあるのは胸を締め付けられる光景ばかりでした。





ただ、仙台空港から飛び立つ飛行機を見た時、

なんだか嬉しくなって涙が出てしまいました。


その力強い離陸は「負けてなるものかっ」と叫んでいる様でした。








ウミガメ仲間の彼女は、

自然を愛し、反原発運動に積極的に参加するなど、

とても行動的で、笑顔の素敵な人でした。





彼女の命を奪った海が憎いです。






でも再び、全てを奪った海が


私達に豊かな恵と幸せを


いっぱい与えてくれると信じています。



カリタスジャパン 仙台教区サポートセンター 釜石ベース




釜石ベースキャンプ

くま