女性セミナー「3.11と女性~復興支援活動における女性の活躍~」

「男性中心に進められた印象が残る復興支援…
しかしその現場では、地元の女性がリーダーとして、または心の支えとして住民に寄り添っていました。誰もが家庭や大切なものを守っていたのです。皆さまこそ釜石の復興を支えたかけがえのない存在です。この企画が女性の意識向上や社会参加を促す機会になれば幸いです。」
今回は3名の講師をお招きし、震災時に活動していた女性ならではの活動やまちづくりに向けた取り組みなどに理解を深めました。

日時 2013年11月17日(日)
10時~12時(9時30分開場)

講師 森脇 妙紀 氏 (駒木山不動寺住職補佐)
岩崎 昭子 氏 (宝来館女将)
平賀圭子氏(NPO法人参画プランニング・いわて理事長、もりおか女性センターアドバイザー)

★2013年11月23日付釜石復興新聞に掲載されました。

15名ほどの住民の方が参加され、講師の方々のお話に耳を傾けておられまし
た。

右事業としての初の試みでしたが今後にむけての大きな第一歩になりました。