5月11日に、東京広尾の聖心インターナショナルスクールにて

東日本復興支援ふれあいフェスタが開催されました。


多くの団体が展示や屋台ブースを出展していました。


カリタス釜石からも東京近郊のボランティア17人集合!!!


美味手芸作品の展示&販売を行いました。


どこの団体よりも明らかに気合が入っていた釜石。

雨天にもかかわらず、

多くの来場者が足をとめてくださり、釜石のおいしいものや

素敵なものが人々の手に渡ってゆきました。

晴れていたらもっと売れていたはず、、、ですが

どなたかが言っていたとおり、
そういう活動をしていることを知ってもらうことが大事
その意義を伝えることが大事なんですよね。

釜石パワーはそこは満点でした!!

「なぜそんなに一生懸命やっているのか?」
釜石では今現在も普通のボランティア方々がこのような復興支援活動を行っていること。
ことばで説明する以上に伝わるものがあったように思います。

生き生きと楽しんで活動していた釜石チームの様子をご覧下さいやじるし
NPO法人 カリタス釜石  雨の中に並ぶテント
NPO法人 カリタス釜石  釜石の物産品の販売
NPO法人 カリタス釜石  「なににします?」  さんまの缶詰、醤油、海藻、お菓子
NPO法人 カリタス釜石  楽しいですねっ



NPO法人 カリタス釜石  伊瀬さんも朝早くから参加

  NPO法人 カリタス釜石  見覚えのあるのぼり旗が2枚

  
 
NPO法人 カリタス釜石 お茶っこサロンの皆さんの共同製作タペストリー



  NPO法人 カリタス釜石 

  NPO法人 カリタス釜石   NPO法人 カリタス釜石

 チャリティバザーとして個人作品も並びました   一番人気の釜石うさぎ と 岩手犬

  NPO法人 カリタス釜石   NPO法人 カリタス釜石   

 ねこやまさん© のあみねこたち

 

   NPO法人 カリタス釜石   

  NPO法人 カリタス釜石   NPO法人 カリタス釜石


カフェテリアでは… 
NPO法人 カリタス釜石  カンカラ三味線のさんちんどんやさんのコラボ


NPO法人 カリタス釜石  左のちんどんやさんは、

釜石でもたいこ演奏してくれたボランティアさん

  NPO法人 カリタス釜石  お疲れ様でした!!


 はあと会場での出会いや交流がとても有意義だったという感想が多く聞かれました。

 私自身も会場にいたみなさんと時間を共にする中で、
共有する思いを感じることができましたし、勇気づけられました。 

 また、初めての参加で、決して良い条件でなかった今回の経験は
実際的に学ぶところがたくさんありました。

 これから前へ向かうためのステップとして活かしてゆきたいと思います。

NPO法人 カリタス釜石
caritas kamaishi Ogasawara ひよこ