岩手県釜石市に拠点を置き東日本大震災の被害を受けた地域の復興支援や市民活動をしています

スタッフ紹介

伊瀬 聖子

副理事長 いせさん

0D7C2699_ise_seiko_160_240カリタス釜石発起人の一人。震災当初、次々と来るボランティアを受け入れ、食事をつくり、自らを「宿屋のおかみ」と称していた。
無類の猫好き(いせさんの猫に限る)。事あるごとに猫の写真を周囲の人に見せては、可愛いですね、と言わせている。
釜石の心の復興のためにと各地を飛び回り、あらゆる仕事を回転させるターボエンジンのような人。

 

 

千田榮

一見おとなしそうだが、実は熱い情熱が見え隠れするパッショネイト

0D7C2704_chida_sakae_160_240ザ・釜石人的存在。意外なところで「さかえ先生」と呼ばれることもある。子ども関係の仕事が長かったせいか、折り紙系や工作系など、住民さんの大好物が得意技という好条件をもつ。責任感と誠実さで細心の気遣いが出来るので、居てくれるだけで安心な人。

髙橋和也

別名:あばれる君、焼きそば職人?カリタス唯一の男性陣です

0D7C2725_takahashi_kazuya_160_240若さゆえの・・・か?都会育ちの青年が一年間ボランティア希望で釜石へ転入。御年二十歳の冒険であったが、そのままカリタス釜石の頼れる黒一点に。今となっては方々からお呼びのかかる超人気者。素直で柔軟さと賢さも併せ持つ上昇志向な体力派。

互野厚子

入社二年目にして、もはや誰もが認める超ベテラン

0D7C2730_tagaino_atsuko_160_240この方も、ザ・釜石人です。しかも町の色々なことを知っている情報通。町について分からないことは彼女に聞けば大体返事が戻ってきます。外見にはおっとりしながらも実はアツ~いハートを秘めている人情派。困っている人をみると放っておけないお人好し。

千葉絵利子

聡明で静かな雰囲気の奥に秘める情熱は未知数に拡がる?

0D7C2734_chiba_eriko_160_240総務・収益事業・台帳管理・報告書など事務局を根底から支えながらも、実は相談員としても頭角を表すオールマイティ。事務所では何も聞いていないかのように存在感を消しつつ、場のジョークにウケては声高に笑っています。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

これまでのブログ

  • facebook

セキュリティについて

本サイトでのお客様の個人情報はグローバルサインのSSLにより保護しております。


SSL GMOグローバルサインのサイトシール


PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.